女性コンプレックスの膣の緩みはこうして治す

膣治療

鍛えるとこんなにいいことがある

施術やトレーニングで引き締めた事で女性に嬉しい効果が沢山あります。まずラブタイムの質が向上し、セックスレスの解消になります。また、膣が引き締まることでスタイルアップが見込めます。女性ホルモンが分泌されると足のラインが綺麗になり、ポッコリお腹がすっきりしますよ。

みんなの対策法とは

手術で改善

広がってしまった膣の筋肉を元に戻すことで尿漏れや性行為時の不満をなくすことが可能です。また、トレーニングで思ったほど効果が出なかった場合も最終的に手術を決断して膣のコンプレックスとさよならしています。

意識する

膣が緩む原因としては骨盤低筋の衰えが深く関わっているため、日ごろから意識しながら低筋を鍛える必要があります。この時に効果を発揮するのがケーゲル体操です。お腹の力を抜いて肛門と膣を同時に引き締めるというものできゅっとしたまま5秒間キープします。この体操を一か月続けると膣関連のトラブルが終息に向かいます。

グッズを使う

膣の緩みを根本的に解消するなら手術が有効的で完璧ですが、費用が高くなるのがネック。そのような時は膣の緩みを改善するために開発された専用グッズで引き締めることができます。中に挿入して一日生活をするだけで衰えていた筋肉を回復させられるので何かをしながら行なえる手ごろさが魅力です。

クリニックで治療するなら病院選びをしっかりと行なおう

個室完備である

女性器専用の治療をするので他の患者との鉢合わせはなるべく避けたいところです。こうした配慮がなされるクリニックは個室での診察を徹底しているので恥ずかしがる必要はありません。カウンセリングでも自分の悩みを気兼ねなくぶつけられるでしょう。

看板も控えめ

クリニックの入り口に「膣治療」の文字が全面に出ていると入る勇気がなくなります。プライバシーを配慮するクリニックはあえて看板を分かりにくくし、院内の照明を落とすよう心掛けています。

医師とスタッフが全員女性

女性が持つ悩みを男性医師に話すのは勇気がいりますし気を遣うものです。相談や診察を気軽に受けるには医師やスタッフ全員が女性であることを第一条件に探す必要があります。

軽度から重度まで幅広く対応

膣の緩みは個人で違うため、中には重度で他院から断られるケースもあります。技術が高く、何度も施術を経験する医師は経験豊富で技術が非常に高いです。そのため、難しい症例にも積極的にチャレンジしています。

トーレニングを実施している

施術を必要としない場合、専門クリニックでは軽度の人に向けた骨盤低筋トレーニングを指導しています。ネットや自己流でどうにもできなくなった時に頼れるクリニックだと心強いでしょう。

【PR】
ダイエットをすると胸が痩せる可能性あり。
胸から痩せない体重減量法を習得。

ひっそりと悩む人の助け舟

顔を覆う人

思い当たる節はありませんか

尿漏れや膣の中にお湯が入る等の症状は膣が緩んでしまったことによるものです。他にもいくつか原因が隠されているのでコンプレックスを改善するためにも知っておきましょう。

READ MORE
膝を抱える婦人

治療はこんなに進歩している

深刻な緩みは、病院の施術にて改善できます。体の負担を考えたものや施術時間が短いやり方などどれが自分に合ったやり方かが分かってくるでしょう。

READ MORE

慣れるまでは10分から15分を目安に

産後ケアにも使える膣トレーニングは負担をかけないよう10分から15分で終わらせるのがポイントです。また膣内部に傷がつかないようローションで滑りやすくすると初めてでも無理なく挿入することができます。

広告募集中