丁寧にスキンケアをして美しい肌に生まれ変わろう!

ケアの基礎知識

基礎化粧品

化粧品の特徴

毎日なにげなく使っている人が多いスキンケア化粧品ですが、その一つ一つに意味があります。クレンジングは肌についたメイクの油分を落とすために最初にするスキンケアです。脱脂力が高いクレンジング成分が、毛穴の奥に詰まった油汚れを分解して落とす働きをします。クレンジングをしたあとに普通の洗顔をすることを、ダブル洗顔と言います。クレンジングだけだとオイルのヌルヌル感が残りますが、洗顔をすればオイルが落ちてさっぱりした洗い上がりになります。洗顔した直後は水分で肌が潤いますが、1分も経過すると水分が蒸発して肌につっぱり感が出てきます。つっぱる前に化粧水をつけて肌に保湿成分を与えることが大切です。化粧水をつけるとつっぱり感がなくなり、さらに重ねてたっぷりつければ肌がひんやりしてきてもちもちになります。エイジングケアをする場合は化粧水のあとのステップで美容液を投入します。肌がしっかり保湿されていれば、美容液が深層部まで浸透して内部に美肌成分が行き渡ります。美容液はシワやシミなどを予防したい30歳以上の人にお勧めです。スキンケアの仕上げには乳液またはクリームをつけます。化粧水や美容液の効果がずっと続くように、クリーム系のスキンケア化粧品でコーティングするのです。夜のスキンケアの場合はアイクリームやナイトクリームを投入する場合もあります。濃厚で保湿作用が高いクリームを塗れば、夜間の肌の乾燥を予防できます。

オススメ記事

化粧水

基礎化粧品の役割

基礎化粧品はスキンケアをするときに必ず必要になります。化粧水や乳液や美容液など沢山ある基礎化粧品ですが、それぞれで肌に与える効果がまったく違います。工程をしっかり守って正しく使うことがスキンケアの基本です。

女の人

基礎化粧品の働き

化粧水や美容液や乳液など基礎化粧品には沢山の種類があり、一つ一つで肌に与える役割がまったく違います。それぞれのアイテムの特徴をよく知っておくことが、正しいスキンケアをして肌質を健康に保つための第一歩です。

目を閉じる人

アイクリームの特徴

アイクリームは目の周りのケアに特化したスキンケア用クリームです。目の周りは刺激に弱くデリケートな皮膚をしています。目元専用のアイクリームを使うことで安全に美容成分を補給できて、しわやクマなどを予防できます。

Copyright© 2017 丁寧にスキンケアをして美しい肌に生まれ変わろう! All Rights Reserved.