丁寧にスキンケアをして美しい肌に生まれ変わろう!

基礎化粧品の役割

化粧水

特徴や使う工程

肌は日ごろから紫外線や摩擦や乾燥などの刺激を受けています。そうした刺激に強い肌を作るためにするのがスキンケアです。化粧水や乳液などの基礎化粧品を使用してスキンケアをすることで、肌の保湿力が上がります。肌がしっかり保湿されていれば、様々な外的ストレスに強くなり、肌荒れやニキビ、しわやシミなどの予防ができます。基礎化粧品の種類はいろいろありますが、工程を守って使うことが大切です。一番最初の工程で使用するのが、化粧水またはローションです。化粧水は肌に水分を与えて、肌質を整えるために使います。化粧水の次の工程では乳液またはミルクを使います。夜のスキンケアでは化粧水の次に美容液を使う場合もあります。乳液やミルクは化粧水で保湿された角質層を守るために使うものです。化粧水をつけただけだとその時だけ潤ってもすぐに乾燥します。必ず乳液やミルクなどの油分を含んだ基礎化粧品で仕上げることが大切です。夜は化粧水の次の工程で美容液を使うケースが多いです。美容液は保湿効果やエイジングケア効果が高い美容エッセンスを凝縮した基礎化粧品です。化粧水で角質が柔軟化していると、美容液の美容エッセンスの吸収が良くなります。スキンケアをするときには、このように「水分が多いもの→油分が多いもの」という順番で使うことが大切です。間違った工程で使ってスキンケアをすると、それぞれの基礎化粧品の機能が低下してしまうので注意が必要です。

オススメ記事

化粧水

基礎化粧品の役割

基礎化粧品はスキンケアをするときに必ず必要になります。化粧水や乳液や美容液など沢山ある基礎化粧品ですが、それぞれで肌に与える効果がまったく違います。工程をしっかり守って正しく使うことがスキンケアの基本です。

女の人

基礎化粧品の働き

化粧水や美容液や乳液など基礎化粧品には沢山の種類があり、一つ一つで肌に与える役割がまったく違います。それぞれのアイテムの特徴をよく知っておくことが、正しいスキンケアをして肌質を健康に保つための第一歩です。

目を閉じる人

アイクリームの特徴

アイクリームは目の周りのケアに特化したスキンケア用クリームです。目の周りは刺激に弱くデリケートな皮膚をしています。目元専用のアイクリームを使うことで安全に美容成分を補給できて、しわやクマなどを予防できます。

Copyright© 2017 丁寧にスキンケアをして美しい肌に生まれ変わろう! All Rights Reserved.